脳ドック初体験

今日は人間ドック行ってきました。
そういうお歳なので毎年の出来事です。。。
ちなみに胃カメラは昨年からデビューです。
口はオェオェしそうなので、鼻からってとこを探してそこに行ってます。
ちょっと苦しい時はありますが、あっけなく終わるものです。

それに加えて脳ドックも受けてみました。初体験です。
会社負担の人間ドックとは違って、個人負担なんですが、人生折り返しを過ぎてるし、ちょいと気になることもあるので、念のための脳ドックです。



脳ドックといえばMRIです。
そんなに苦じゃないだろうと高をくくっていましたが、意外と大変でした。
閉所恐怖症じゃないですねって確認されましたが、まぁエレベータとか大丈夫ですし、問題無いと思いますって答えて、セッティング開始。
ベッドに縛り付けられて、頭が動かないように固定。
その頭を覆うように金具(?)が取り付けられ、それから何かあった時に知らせるためのスイッチを握らされてMRIの機械に頭から突っ込まれます。
入る瞬間に光るのでその時だけ目をつぶって、後は楽な方でって言われました。
で、入ったんですが、想像以上に狭い。
目の前に天井があります。
これはパニック起こす人がいるかもって感じ。
パンフでは1000人に1人とかって書いてありますが、それ以上だと思う。
実際、自分もいてもたってもいられなくなりかけました。
目をつぶり、落ち着いて、自然の風景を思いうかべ。。。
ってなんとか落ち着いたら、今度は工事現場のような爆音が。。。
これが試験の音みたいです。耳栓してましたが、想像以上の音でした。
10~20分くらいあったでしょうか。
まぁ最後には心地よくなり、寝かけたりもしましたが、無事終わることが出来ました。
最初だけ辛かったですね。
なので、次の機会は、入る前からずっと目をつぶっておいた方がよさそうです。
棺桶にはいってるような感じになります。
って入ったこと無いからわかりませんが。。。
あと、ヒートテック素材の下着はやけどすることもあるらしいです。
ヒートテックのパンツだったら脱がないといけなかったんでしょうかね。。。
で、結果は2週間後。
さてどうなるのか。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました