ASUS Vivobook 使い始め

先日ここ↓

で、衝動買いしてしまった ASUS のVivobookが来てセッティングが終わりましたので、簡単に紹介してみます。
MacbookAir11インチと同じくらいのサイズの箱にて到着です。

20130602a.jpg


Asus の型落ち品みたいですが、すでに Asus のページで見つけられないので、詳細なスペックがいまいちわかりませんが、色々なショップのページから仕様をまとめてみますと、
型番:X201E-KX847B
CPU: Intel Celeron847 1.1GHz
Memory:2GB(DDR3-1333)
HDD:320GB(5400rpm)
LCD:11.3″ グレア 1366×768
WLAN: 802.11b /g/n
OS: Windows8 64bit
KB:日本語 87キー
サイズ:幅303mm×奥行き200mm×高さ8.5~21.2mm
重さ:約1.3kg
I/F: HDMI 、 VGA 、USB3、USB2(x2)、LAN(10/100)、SDカード
付属ソフト:KINGSOFT Office 2012 Standard他
という感じでしょうか。
しかし、購入してもスペックがわからないってのもなんだか。。。
箱を開けると

20130602b.jpg

上面がシボで、ツートンカラーになってます。

20130602c.jpg

さすがにMacbookAir程は薄くはないです。
内容物はこれだけのシンプルなもの

20130602d.jpg

ACアダプタが小さいのは良い感じです。
中はこんな感じ

20130602e.jpg

キーボード周りに安物感はないですね
左側のI/F部分

20130602f.jpg

奥から、電源、有線LAN、 HDMI 、USB3、USB2
電源プラグのささり具合が弱々しい。この部分が一番安物感が出ています。MacbookAirとえらい違いです。って MBA と比べちゃダメですよね。価格が違い過ぎます。
有線LANは高さの制限から刺さる時は下にちょっと広がるようになってます。ちょっと凝ってます。
HDMI があるのは驚きました。今時は安物でも HDMI 出力あるんですかね。
この HDMI でセカンドディスプレイに接続して1920×1080が出せます。これはいいですね。
USB3も。最近は当たり前か?
で、次は右側

20130602g.jpg

奥から、 VGA 、USB2、Audio、カード(SD、MMC)
です。
AudioはMic/Headphoneが一つにまとまってはいますが、基本的なI/Fは揃ってる感じでしょうか?
裏の写真撮り忘れましたが、バッテリーが外せませんし、HDDやメモリ取り換え用の部分も無いようです。
ってことは、メモリ増設不可なのかな。
で、肝心の性能の方ですが、こんな感じです。

20130602h.jpg

キャプチャ画像じゃなくてすいません。
Celeron847 1.1GHzっていうCPUがどの程度の性能かまったくわかってなかったんですが、こんな感じですから、お世辞にも高いとは言えませんね。
とはいえ、2万円というコストパフォーマンスは良いほうかと思います。
Windows8 に慣れてないということもあって、使い勝手は悪いですが、それはOSに依存する部分なので本体には関係ないですかね。
タッチパネルが使えればもっと楽 ってこともあるのかもしれませんが、よくわかりません。。。
ただ、セッティングしてて、CPUよりもHDDの遅さが気になりました。
CPUが遅いからなのかもしれませんが、たぶんHDDの方かと思います。
それよっか、 Windows8 が使いにくくて大変。。。
最初のアカウントは普通に作れたのに、2人めはメールアドレスじゃなきゃ作れないとか、
コントロールパネルってどうすれば出せるの?とか
デスクトップからすべてのアプリケーションってどうやってみれるの?とか
まぁ色々とありますが、嫁にはこれで Windows8 に慣れていってもらいましょう。
私は会社もまだ VISTA /7ですし、8を使う機会はしばらく来ないでしょうからしばらくはスキル上がりません。。。

というわけで、まとめますと
CPU性能は低いものの2万円ならコスパは十分でしょう。
小さく軽いACアダプタもあってモバイル性は良い感じ。
HDD換装( SSD 化)、メモリ増設、バッテリー交換は厳しそうなのが欠点。
ハイパフォーマンスが不要であればおすすめかと思います。
うちの嫁にはAOA150のN270/1GB/WSVGAからの置き換えですので十分すぎるパワーアップですが(^^;

コメント

タイトルとURLをコピーしました