プラスXi割の解約をスマートに行いたい

(追記あり 2014/4/29)

1月に MNP して新たにドコモの2年回線をゲットしましたが、それまでメインにしてた回線( プラスXi割 の親子で2回線)はまだ使えてます。

5月が更 新月 だって思ってたけど、よく見たら契約満了日が5月。ということは更 新月 は6月ということか。

かなり被ってしまってもったいないですが、維持費は月に17+381円なのでそこまで損でもありません。

 

これらのできるだけ損しない終息方法を考えます。

まず プラスXi割 親回線の方。

こちらは FOMA 音声回線(タイプSSバリュー)にパケ・ホーダイ ダブル2の契約。
MNP するにせよ、解約するにせよ、パケ・ホーダイ ダブル2は不要。

明細を見たら、2月が月々サポート22回めの適用となっていたので、4月までは月々サポートが適用されるはず。

ということは、4月に来月からパケ・ホーダイ ダブル2と iモード の廃止という予約をしておけばいいのかな。

2年契約であるファミ割MAX50は6月には解約OKなので、5月は約980円になるってことかな。

通話を使わないのならタイプシンプルバリューに変えておくってのもありかな。

 

つまり

4月(月々サポート終了月)
 来月からのSP(i)モード解約、パケ・ホーダイ ダブル2の廃止予約。

5月(契約満了月)
 来月からファミ割MAX50解約の予約

6月(更 新月 )
 タイプSSバリュー(or タイプシンプルバリュー)での運用

 

 

 

で、次に プラスXi割 子回線の方。

こちらはXiデータプランフラットにねんというデータプラン。

こちらも4月まで月々サポートがあります。

 

2段階のXiデータプラン2にねんへの変更にして更 新月 を待ち、更 新月 で二年契約じゃない音声契約のタイプXiに変えておく

というのが良さそうです。

 

ここで一つ罠。

プラスXi割 は解除を申し込んだ当月から解除となるようですので、解除申し込み月はXiデータプランフラットにねんの費用がかかってしまいます。

月々サポートは適用されるかと思いますが、費用がかかりますね。

 

つまり、

4月(月々サポート終了月)
 来月からのSPモード解約、Xiデータプラン2にねんへの変更予約。
 この月は プラスXi割 は適用されない。

5月(契約満了月)
 翌月からのタイプXiへの変更予約(※)
 パケット未使用で寝かす。2段階の下限になるはず。 

6月(更 新月 )
 タイプXiでの運用
 早いうちに解約orMNP

 

でいいかなって思ってました。

ところが、

[ドコモの2年縛りデータ回線のお得な解約方法【実践編①】] by インテリ快適生活術

こちらのブログで、データから音声への変更は予約が出来ないと教えていただきましたので、

4月(月々サポート終了月)
 来月からのSPモード解約、Xiデータプラン2にねんへの変更予約。
 この月は プラスXi割 は適用されない。

5月(契約満了月)
 パケット未使用で寝かす。2段階の下限になるはず。 

6月(更 新月 )
 タイプXiへ変更して音声契約で運用
 早いうちに解約orMNP

 

って感じで良いのかと思います。

 

また、このデータプランの変更方法ですが、先のブログの内容と同じでしたので、そこまで間違ってはいないのかと思います。

 

さて、4月中はあと1週間もないので忘れずに始めておかないと。。。

 

追記(2014/4/29)

4月の手続きを行いに行って計画通りに出来なかった部分があります。
詳細はこちらを

プラスXi割の解約手続き 月々サポート終了月編 – ケロロ好きなエンジニアのブログ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました