イオンスマホとして3機種 発売です。

うちの近所にもあるイオンです。

「価格」だけではない。お客さまのさらなる“こだわり”に応える。
イオンモバイルは、新たな市場創造へ
イオンスマホから日本ブランド3機種発売
(PDF)

 

ということで、3機種イオン スマホ が登場します。
イオン スマホ としては、5~7弾になるようです。

 

デザイン重視  VAIO Phone 48000円

アクティブ重視 京セラ S301 29800円

便利さ重視  Sony Xperia J1 Compact 54800円

という謳い文句です。

VAIO Phoneは先日ボロボロに言ってしまったんでもういいでしょう。
デザインが売りだったんですね。ふーん。。。

 

それに加えて今回新たな機種として
まず京セラのS301

耐衝撃※1に対応した京セラ製「S301」 登場 | ニュースリリース | 京セラ

 

ZenFone5とほぼ同じ価格帯です。
スペックではRAM/ROM、カメラ、解像度というところが負けていますが、
防水、防塵、耐衝撃性という売りが有りますので、これはこれで良い方向かと思います。
よく落とす人、よく水没される人等々には比較的安くてそれなりに使えるミドルスペックな スマホ としておすすめできるんじゃないでしょうか。

さて、3機種目は Sony Xperia J1 Compact
これは先のエントリーでも書きました。 

301 Moved Permanently

 

ZenFone5の倍近く、また VAIO Phoneよりちょっと高いですが、それでもスペックは良いですし、何より、防水防塵に加えて おサイフケータイ と、機能的にも備えてますので、価値としてはあるんじゃないでしょうか?

VAIO Phoneさん ソニー にこんなことされて涙目ですね。。。

 

さて、このイオン スマホ ですが、それぞれ組み合わせられるSIMが違って販売されます。

S301 BIGLOBE のSIMとの組み合わせで販売されるようです。

ちなみに BIGLOBE のプレスリリースはこちらです。

BIGLOBEの音声通話SIMが「イオンスマホ」KYOCERA S301に採用 | プレスルーム | ビッグローブ株式会社
BIGLOBEは、高速モバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」を、2015年3月27日から発売される「イオンスマホ」KYOCERA S301(京セラ)向けに提供します。

SIMだけでは
月1GB 音声付き 1350円(1600円) 端末セット2591円
月5GB 音声付き 1650円(2405円) 端末セット2891円

という費用なので、これなら5GBを選びたいところですね。
ちなみに()内の費用は本来の BIGLOBE としてのプランの費用です。
S301をセットで購入することで、24ヶ月間はこの価格になるそうです。
実質の端末費用もかなり安くなります。
でもこの価格差なら5GBが結構お得ですね。

 

で、 Xperia J1 Compactの方ですが、
こちらは ソネット のPLAY SIMとの組み合わせになります。
ここらへんが面倒ですね。

スマホ は スマホ 。SIMはSIMと選ばしてほしい。
まぁ個別に買えばいいんですが、そうすると割引がないってことか???

で、
70M/day 1280円 音声付き 端末セット3563円
120M/day 1580円 音声付き 端末セット3863円
200M/day 2580円 音声付き 端末セット4863円
です。

それぞれ、プランのみの値段は、1480円、1980円、2980円 ということなので、
スマホ とセットとしてちょっと値引きがあるってことですね。

ってなにげに1日200MBプランかぁ。すごいなぁ。。。

で、 VAIO Phoneでのプランや価格は先日発表した b-mobile の内容と一緒ですね。

 

音声付きプランのみ準備してくるってことは、やはり既存キャリアユーザーからの乗り換えを想定なんでしょうね。イオンだから行きやすいし。

防水や おサイフケータイ もある Xperia だったらフルにお金払っている裕福な方々も乗り換えに抵抗が無いのかもしれませんね。

 

でもこの3機種はプランとのセットでしか比べられないので、
無制限だからお得じゃん ってことで VAIO Phone でいいや!って騙される人が出てくるかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました