DMMが価格改定。業界最安!今後も最安に挑戦するらしい

(2015/5/28 追記)

DMMも注目ですね。

DMM mobile 業界最安値に挑戦!常に他社様よりもお安くご提供することに挑戦します!
合同会社DMM.comのプレスリリース(2015年3月26日 18時01分)DMM mobile 業界最安値に挑戦!常に他社様よりもお安くご提供することに挑戦します!

 

昨日紹介した So-net のPLAY SIMのラインナップ&販路がめんどくさすぎだったので、それに比べるとはるかにDMMはわかりやすいですね。

しかも、1G/2G/3G/5G/7G/8G/10G。全て音声可。
とすごく充実したラインナップです。
でも細かすぎて、8GBはいらんだろうとは思いますけどね。

 

 

謳い文句は、

2015年3月26日(木)より新たに2GBプランを追加し、価格を全プラン業界最安値にてご提供いたします。
今回2GBプランの追加により、DMM mobileは全14プランの業界最多・業界最安での展開となります。(3/26時点 当社調べ)

とのことです。

他社のように3月発表だけど、4月からサービス開始とは違って即です。

 

 

1GBだけは現状最安なのでそのままみたいですが、他は大幅に価格を見なおしてきました。

 

で、確かに現状全てにおいて最安です。

グラフ(横軸価格、縦軸容量(GB))を出してみます。

f:id:keroctronics:20150327234452j:plain

4Gだけポツっとオレンジの点がありますが、これが昨日紹介したPLAY SIMの4GB 880円です。

緑がDMMです。この不自然な折れ線は他社意識な感じですね。
でも特に5GBは飛び抜けてます。

とはいえ、PLAY SIMの4GBはそれをも上回るお得度ってことですかねー

 

でもその4GBのプランはDMMのラインナップにはないので、DMMの全プラン最安!って謳い文句は嘘ではないですね。

 

あ、AICOMが7GB 1900円と7GBではDMMより安いですね。
でもAICOMという怪しい会社がよくわからんのでDMMの方がまだいい気がします。

AICOMについては、MoneyReportさんのこの記事を参考にどうぞ。

 

怪し過ぎるMVNO会社「AICOMモバイル」の怪しい理由7選! - マネー報道 MoneyReport
1.最安値MVNO 7GB 1,760円 昨日は高速データ通信7GBを月額1,760円という最安値で提供してくれるMVNO(仮想移動体通信事業者)を見付け、朝からちょっと興奮しました♪ 7GB月額1,760円の最安値MVNO登場!ただAICOMモバイルのHPが怪し過ぎる(>_

 

というわけで、4GBは勝負してませんが、業界最安といえるでしょう。

 

また、

なお、今後他社様が同等のプランにてDMM mobileより安値で提供する場合、DMM mobileは他社様よりさらにお安い価格でご提供することに挑戦いたします。
※他社様が実施する一時的なキャンペーン価格、当社原価を下回る価格を除きます。

とのことなので、今後も期待してよいのかと思います。

 

とはいえ、気になるのが3日間制限ですね。

未だに366MB/3日 という制限のようです。月10GBでもこの制限ということであれば、月に10GBを使い切るってのは結構大変かなと思います。

他社は撤廃とか緩和とかしてるので、価格だけじゃなくてこういう使いやすさの部分も他社を上回るように挑戦してほしいものです。

 

 (2015/5/28 追記)
3日間制限は私の勘違いでした。制限はありますが、200k通信時での制限ってことで、普段の使用時は制限されないとのことです。申し訳ありません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました