9ドルのC.H.I.Pには儲けは無いというか赤字では?

今気になっているのは話題のC.H.I.Pです。

9ドルでOfficeも使えるミニパソコン「C.H.I.P」
クラウドファンディングKickstarterにてわずか9ドルのワンボード型パソコン「C.H.I.P」がものすごい勢いで資金獲得している。

 

クラウドファンディング Kickstarterのページはコチラ

Access to this page has been denied.

 

HDMI 付けたいとか、バッテリー駆動がいいよねって言い始めると高くなるけど、基本のメインボードだけでは$9という安さ。

 

1000円程度で買える マイコン キットはあるとはいえ、$9で買えるこの中身は結構すごい。

1GHz動作のARM Cortex-A8をコアに GPU としてMali 400も埋め込んだSoC。
H.264 で フルHD の エンコード デコードができるそうな。
加えて、512MBのRAMと4GBのFlashROM搭載。

CPUの原価はよくわかりませんが、512MBのDDR3っていうと4GBit品ってそれだけで●00円は行きそうな価格。それに加えて32GbitのFlashROMなんていったらもっと高いはず。

数万個オーダーできるとしても、これらを積んで$9なんて元が取れそうもないんだけど。。。
っていうか元取れないだろう。。。$9品は客寄せか?

 

しかし、欲しいかっていえば欲しいんだけど、ハードウェア的にいじれる部分があるのかってのが微妙っぽい。

とはいえ、やっぱり欲しいかな。
欲しいのは$9の基本じゃなくてコイツもつけたい。

f:id:keroctronics:20150512223006j:plain

こいつにバッテリーを積んで ゲームボーイ 的な感じにすれば、単に Linux が動く軽量PCっていうよりもポータブルで用途が広がる気がします。

そうすると$93くらいまで跳ね上がっちゃう。 HDMI とかも出せるようになるけど。

でもでも魅力的なことには変わりないですね。

 

っていう客がいることを見込んでるから$9でもいけるとの計算かなぁ?

 

 

 

しかし、他にもいじりたい マイコン ボード家に溜まってるんだよなぁ。。

どうしよう。。。
まぁ手元に来るのは早くても1年後になりそうですけどね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました