J:COMがMVNOに参入

先日のドコモの請求書の件では恐ろしいほど(当社比)のアクセス数をいただきびっくりしとりますが、いつものようにいつもの話題でブログを続けていきたいと思います。

 

さて、本日のニュースですが

 

J:COM もMVNO参入です。

J:COM が MVNO 事業に参入
10 月 29 日より新サービス「J:COM MOBILE」提供開始
(PDF)

J:COM ( ジュピターテレコム )といえば KDDI の子会社ですからここがMVNOというと当然ながら au のMVNOということになりますが、ドコモもあったりします(後述)。

とはいえ、内容を見てみると J:COM サポートエリアのみとか、 J:COM サービスとの縛りがきついようです。

 

 

今回発表されたMVNOサービスは大きく分けて3つです。

 

J:COM MOBILE スマホ セット [3GB]

データ+音声のプラン
データ量は3GB限定。繰り越し有り。
セット端末は ガラケー スタイルの スマホ (LG Wine Smart) LTE 対応

費用 2年契約で2980円+端末1375円×24回。
 長期契約しない場合は通信費3680円
  J:COM TVか J:COM NET加入で端末が実質無料
Wi2 300付き
「 J:COM オンデマンドアプリ」使用時はパケット量換算せず
ただし「 J:COM オンデマンドアプリ」も含めて3日間3GB制限あり

J:COM MOBILE SIM単体 [3GB]

SIMのみのプラン
3GBデータ 900円
3GBデータ+音声 1600円

なんとこちらはドコモの回線を使ったMVNO
J:COM オンデマンドアプリのパケット無料とかっていうサービスは一切なし。

J:COM TV with タブレット

1GBデータプランのみ(繰り越し有り)
セット端末はLG G Pad 8.0 L Edition (LGT01)という タブレット
「 J:COM TV」および「 J:COM NET」の契約者のみ提供
「TV Everywhere」利用料 月980円
タブレット 代 1100円×24回
「 J:COM TV」「 J:COM NET」「 J:COM PHONE」を含む特定の長期プラン(2年契約)と同時加入で端末代金が実質無料

 

というサービスです。

 

J:COM ユーザー以外には全く魅力がないという感じでしょうか。

たとえ J:COM ユーザーだったとしても、これらの スマホ や タブレット をメインにするにはスペックもデータ容量もかなり厳しいかと思います。

 

3日間3GB制限あるとはいえ、 J:COM オンデマンドアプリパケット無換算ってのはいいでしょうが、ガンガン映像コンテンツを見ることを主目的にする端末が ガラケー スタイルで画面サイズも小さく解像度低いってのはどう考えりゃ良いんでしょうか。

せめてSIMだけで提供すればいいのに。

で、このSIM。自分の au スマホ に差し替えて使えるのか?アプリインストールできるのか?っていう疑問がありますが、まぁ仮に使えたとしても使わない低スペック端末に33000円も払わされるってのもなんだかなぁって感じがします。

 

で、SIMだけのプランはドコモのMVNOで J:COM サービスはまったく関係ないというこれまたわけわからん仕様。

au じゃあかんのか?ドコモにしたからってライバル多すぎて勝てる見込み薄いのに。

 

タブレット のプランはJ:COM2年契約ユーザーなら端末無料で980円でTV Everywhereっていうことなので、ひょっとしたらこれだけはまだ魅力が少しはあるのかもしれません。

ただ、TV Everywhereってどんなサービスかよくわかりませんけど。ただTVが見れるだけなら無料で見れる ワンセグ でもいい気もしますが。。。

それに1GBですからそれ以外の用途で使うにはちょっと厳しいでしょうか。

うーん。どの層にうけるんだろうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました