ドコモがガラケーにもカケホーダイライトを出すらしい

日経の記事です。

ドコモ、「ガラケー」料金3割下げ
NTTドコモは従来型の携帯電話の料金を月内に3割値下げする。月額1500円以下で通話し放題プランを新たに投入し、最低料金を700円以上引き下げる。KDDI(au)とソフトバンクを含む大手3社のかけ放題プランでは最安にする。割安な料金で格安スマートフォン(スマホ)への契約者の流出を抑える。従来型は高齢者を中心に根強い需要...

カケホーダイとカケホーダイライトがあるスマホと違って、ガラケーはカケホーダイ(2200円)しか選べません。

これを約3割の700円以上値下げするとのことです。

 

単純な値下げではなくて、今のプランに1480円程度でカケホーダイライトを追加するのではないかと思われます。

 

スマホでの価格の方は改定なくケータイのみのようです。

 

なぜに今更ガラケー重視なんでしょうかね。

値下げってことは、ライバルとしては最近多くなってきたMVNOのかけ放題プランでしょうか。

今ガラケーユーザーって人は、スマホに移行する気が無い人が多いのかな?って思ってるんで、別に値下げしなくても逃げないのに…

って思ってる自分は間違ってるんでしょうか。

 

それともプリフィックス通話で安く使ってる?

そんな人は少なそうだし。。。

 

まぁ安くなるのはWelcomeです。

私のようなガラケー+スマホの2台持ちユーザーには選択肢が増えていい感じです。

 

MVNOでの音声プランでの増加分は+700円。
5分かけ放題が+850円。
合計で1550円。

 

であれば、1480円でカケホーダイライトでの通話のみのドコモガラケーを持ち、MVNOのデータプランでスマホ持つ。

っていう通話重視の2台体制が安くできそうです。

 

すると我が家でいちばん大事な家族間無料ってのが使えますし、5分かけ放題も使える。いいかもしれませんね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました