FREETELのかえホーダイは今ならオトク

先日の FREETEL World 2016 Fall/Winter の紹介記事でかえホーダイにちょっと触れました。

 

当時はまだ詳細な仕様は後日ってことだったので、推測でしか無かったわけですが、本日(すでに昨日だ)その詳細発表があったようです。

FREETEL、残額なし機種変コミコミプラン 「かえホーダイ」月々1,790円~。11/21まで ~データ繰り越し、データ追加チャージ、大容量プランも開始~ | FREETEL(フリーテル)
 報道関係各位                                             プラスワン・マーケティング株式会社 2016年10月21 SIMフリーキャリアのFREETEL(...

そのかえホーダイの条件ですが

  • かえホーダイ(0円スタートプラン)を申し込み
  • 交換時、半年経っていること
  • 交換時、交換元端末の画面破損、水漏れがなく電源が入ること。及び保証書返却
  • 交換時、次もかえホーダイ(0円スタートプラン)に入ること
  • 交換元と交換先の端末は別であること。

です。まぁ妥当でしょうか。

 

で、プランですが、以下の5プランから選べます。

f:id:keroctronics:20161102001415p:plain

1GBのプランXSはカウントフリーが限られますね。

3GBのプランSもInstagramは駄目ですね。ここはショボい。。。

 

また、端末もFREETELのラインナップから選ばないといけません。

 

端末のラインナップと価格を並べてみました。

f:id:keroctronics:20161102001444p:plain

Webではもっと安い費用が出ていますが、それは当初1年のみのキャンペーン価格ってことなので1年後からの正規費用を載せてみました。

これで、何がサービスされるかというと

  • 端末
  • 選択した通話プラン
  • 端末補償
  • データ復旧
  • SDカード

です。

 

補足すると

端末補償ってのは壊れた時に3960円で良品交換ってことだそうです
良品ってことなので新品ではないでしょうね。かえホーダイで返却されたものの整備品かな。

データ復旧
故障した際にデータ復旧してくれるようです。
Cloudにバックアップしていない人にはいいかもしれません。

32GB SDカード
これ返却しないといけないのかなぁ?よくわかりません。

 

まぁ一番の目玉は半年ごとに機種変自由ってとこでしょう。

ただ、端末はFREETELの中から選ばないといけませんし、端末によって価格が違います。

FREETEL端末は世間とは違った独特のラインナップではありますが、性能的には十分なものを揃えています。

また、機種変は同じ機種はダメってことですから、傷ついたから同じで新しいの!っていう変更はダメですね。

 

 

 

お得度を計算してみますかね。

ってその前に、REIのセット価格で

https://www.freetel.jp/price/kaeho_lp/
↑こっちのページを見ると、

f:id:keroctronics:20161102002405p:plain

https://www.freetel.jp/price/
↑こっちのページを見ると

f:id:keroctronics:20161102002447p:plain

同じもので価格が違うじゃん。まぎらわしい

 

で、今回の発表では

f:id:keroctronics:20161102002700p:plain

ということですので、11/21までの3週間内に申し込むと1年間だけ1500円引きっていう価格の方が正しいってことですね。

 

Mコース5GB 60分無料通話のプラン端末REIで3290円と書いてあります。が、この3290円は当初1年のみのキャンペーン価格で本当は4790円ですけどね。

 

このMコースで考えてみます。

データ5GBの音声プランが 2220円。
60分の無料通話ってFREETELは無いのでBIGLOBEで考えると650円。
加えて端末代REI 24回払いで1445円
端末補償はREIの価格が無いようですがだいたい420円としましょう。
合計すると4735円。

 

正規価格とほぼ同じですね。
これで2年使い続けて、端末を自分のものにするか、
半年ごとに違う機種に替えていくか。
比較が難しいですね。

まぁ今はいってキャンペーンで安くしてもらって、1年、2年だけを考えるんならお得でしょうけどね。

 

ただ、やっぱりわからないのは辞める時。

機種変して半年後にもう辞めます。お返しします!で済むのか。
あるいは最後は買い取りになるのか
2年続けないといけないとか。よくわかりません。

レンタルだとしたら音声プランだから最低使用期間はあるでしょうけど、いつでも返しても良い気がしますけど、さて…

また、将来一般のプランの価格が下がった時にこちらも値下げとなるのか、据え置きなのかってのも大きいです。

 

 

なので、端末はレンタルだと割り切って初期費用を抑えつつ常に新しいもの(FREETEL限定だけど)を使いたい人!
には向いているかもしれません。

 

逆に端末は自分のものにしたく、すでにあるとか、iPhoneやASUS等の特定のSIMフリー機がいいって人は、端末は自前で手配し、プランは半年間増量とか半年間無料とかっていう他の会社でもやっているようなキャンペーンを使ったプランを使うほうがお得かと思います。
まぁ最新機種買っておけば2年は余裕で使えるでしょうし。

また、レンタルでもいいけどiPhoneじゃなきゃやだーって人には6s 16GBですが、こういう選択肢もありますね。

DTI SIM|用途で選べる格安SIM
格安SIMに乗り換えるならDTI SIM!ご利用用途にあわせて豊富なプランからお選びいただけます。通話のご利用が多い方には「おとくコール10」がおすすめです。

今現在は品切れ中みたいですけど。。。

 

どれがお得かは人それぞれの価値観ということでしょうかね。

 

ワタシ的にはどーせ機種を変えながらモバイル通信はし続けるってことなので、レンタル扱いでもいいとは思ってますが、iPhoneやタブレットとか好きな機種を使いたい!って方が強いので、今回のFREETELのかえホーダイは端末のラインナップ的に選びにくいってことにはなります。

 

 

コメント

  1. ぬらりひょん より:

    はじめまして、こんにちは。いつも楽しく記事を拝見させてもらってます。
    解約時については以下の記事で触れられてますね。
    http://japanese.engadget.com/2016/10/11/freetel/
    解約の場合は残債を支払う必要があるようです。しかも通常販売価格より割高に値段設定されてるので注意が必要ですね。

  2. keroctronics より:

    ぬらりひょんさん
    コメントありがとうございます。
    また、情報ありがとうございました。
    やはり罠がありましたか。
    ちょっと記事の内容が理解しにくかったんですが、
    端末はレンタルという形ではなく、購入&下取りって形になるってことですかね。
    で、途中で辞める際には残債を払うと。
    で、その残債はREIの場合、端末代は1445円x24回で34680円でこれで済むのかと思いきや
    通信プランも含めたかえホーダイ全額(XSコースで2290円)で計算されるってことでしょうか。
    うーん。使ってない将来の通信代まで払わされるってのはにわかには信じがたい設定ですが、
    解約時にどうなるかはしっかりと確認した上で契約した方がいいですね。
    じゃないとFREETEL地獄となり抜け出せなくなる可能性もありますね。

  3. とおりすがり より:

    交換時、交換元端末の画面破損・・・に関してですが公式HPの宣伝には「落として画面が割れてしまった」ってのがかえホーダイだと安心という風に書かれてますね。他にも新規契約でないと入れない、残債問題等 契約の詳細がHPで見れないのが残念ですね

  4. keroctronics より:

    こんにちは コメントありがとうございます
    そうなんですよね。
    探しても残債問題とかWebでは見つけられませんでした。
    申込画面に行かないと出ないのか、あるいは申し込んだ後じゃないとわからないのかは定かではありませんが、都合の悪い情報であってももう少しわかりやすくしてほしいものです。

タイトルとURLをコピーしました