M.2 SSD を快適に使うためにファン購入

先日M.2 SSD をMacにUSB3.1Gen2でつないでやろうっていう記事を書きました。

USB3.1 Gen2 M.2 SSD ではiMacは快適にならず
先日 M.2 の規格を調べて魅力的に思わったわけです。 で、実行してみました。 iMac2017に外付けでM.2 SSD(NVMe)をUSB3.1 Gen2で接続してそこからブートして使ってみる。 と。

結局はまだ使っていませんけどね。

でも、使うことを前提にAliExpressからファンを購入してまして、それが届きました。

安いものなのにちゃんと梱包してくれてサービスいいですよね。

SSDは大まかに言ってNANDとコントローラが主要なICですね。

で、コントローラーはロジックなのである程度まで熱くなってもまぁいいんですが、NANDは熱くしないほうがいいわけです。

当たり前ですが、使ってると熱くなりますよね。この熱が良くないようで、熱くなったときには自らのパフォーマンスを下げて熱による温度上昇を抑えるって機能がSSDにはみなついていると聞いてます。いわゆるサーマルスロットリングってやつです。

実際、アクセスを繰り返してるとくっそ熱くなります。

今回買ったケースはこんなケースです。

f:id:keroctronics:20190626225004p:plain

これを冷やすのってどうすればいいの?

って考えて買ったのが今回のファンです。

これまたAliExpressでくっそ安いのかいました。

AliExpress.com Product – Mini Cooler 25mm fan 5V silent 0.15A 13377RPM 0.75W 25mm x 25mm x 7mm 2.5cm USB Mini Cooling Fan radiator

USBコネクタ付きのタイプで306円です。

USBに刺すだけでスイッチもなく回るだけのシロモノです。

f:id:keroctronics:20190703215429p:plain

回転数の調整とか全くできません。

でも意外とうるさくありません。

f:id:keroctronics:20190703215527p:plain

消費電力0.8Wですね。

これをケースに貼り付けりゃいいんじゃないの?

f:id:keroctronics:20190703215644p:plain

ってことです。

ケースに穴開けても空気の逃げ道がないので、ケースを冷やすようにしたほうがいいですかね。

するとファンを貼り付ける時に少し隙間を作るようにしてあげれば良さそうですね。

ケース自体はアルミで熱伝導性はよさそうなのでこれで十分な気がします。

とはいえ、穴開けて空気を直接NANDに当てるほうが効率がいいとは思います。空気が逃げる穴も開けてやればいいわけで。

でもそれだけ穴開けるって結構面倒そうですね。どうしよう。

しかし、AliExpressとか中華サイトはいろんなもんが安くありますね。

見てるだけで時間めっちゃ経ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました