給付金+αで買う MacBookAirとPro梅モデルでの比較

先の記事で特別定額給付金10万円の使い道を考えました。

10万円で買うモバイルノートPCは何がいいのかな?
給付金で10万円がもらえるそうじゃないですか。ガジェット好きとしては即消費還元すべきですよね。10万円で買うとしたらなに? ハイエンドスマホ、モバイルノートPC、高級ドローン、ミラーレス一眼、ハイエンドコンデジ、タブレット… と...

さっそく請求しようとしたら、マイナンバーカードがないとダメなんですね。

通知カードじゃダメみたい。

申請書が届くまで待つしかないのか。くそー

いつ届くんやろ。アベノマスクもまだ届いてないのに。

っていうか自動車税や固定資産税の納税通知書は届いた。なんで。こんな時期だから逆にしてよー

さて、本題に戻ります。

10万円で買うことはちょっと厳しいですが、Macで考えてみました。

MacBookAirとMacBookPro どっちがお得なん?

予算10万円で考えているので、限りなく梅モデル(エントリーモデル)で比較してみます。

まずは両方とも一番安い梅モデル比較

f:id:keroctronics:20200512221705p:plain

3万円の差がありますね。

っていうかすでに10万円の予算は超えてますけどね。

まぁそれは置いておき。。。

TouchBarがいるとなるとMacBookProしかないですし、どうしてもGOLDっていう人ならAirになりますが、そこらへんが関係ないとなると他での比較となります。

CPUはProが高性能らしい

メモリはAirがLPDDR4、ProがLPDDR3。GPUもProの方は645とこの2点に関してはAirがいいんですね。新しいですもんね。

あと、当然ながらAirの方が軽い。薄い。

ただ、最厚部はAirの方が若干厚いんですね。

パワーならばPro。費用や軽さならばAirというありきたりな結論ですが、ここでAirのCPUを1ランクアップしてみます。

デュアルコアのi3からクワッドコアのi5へアップ。

f:id:keroctronics:20200512093852p:plain

これで2万円の差。

私的にはAirを買うのならこの位にはしておきたいところです。

あと気になるのはメモリですね。

VRAMをメインメモリから取られてしまうということなので、それを考えたり、ParallelsとかでWindowsと並行させたりってするとメモリ不足になるかもしれません。

で、お互いを16GBにしますと。

f:id:keroctronics:20200512094353p:plain

費用差は1万円になってしまいます。
Airの方がDDR4なだけメモリ増設費用が高いんですね。

もちろんCPUを元に戻せば2万円差ですけど、16GBにして使いたいレベルならCPUはあげておきたいところです。

素に近い梅モデルならAir

16GBまで上げてパワーを使いたいのなら1万円差のPro

って感じになってきました。

とはいえ、ちょい盛ってしまって、税入れると15万。給付金は10万でしょ

っていう突っ込みが。。。。

給付金第2弾あるかないかで予算が変わる。あるのかなぁ。

予算重視でWindows機にするか。。。うーん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました