← ポチっていただけると嬉しいです
レンタルサーバー

楽にできた!StarServerからCORESERVERへのWordPressの引越

今までStarServerStarDomainを使ってきてましたが、最近はレンタルサーバーを借りるとドメイン更新料永年無料なんていうサービスがありまして、更新料が無料ってことなら、jpドメイン使いたいなぁってことで移行を決意。いくつか探してCORESERVERValueDomainと契約しました。




このブログのドメインを変更するわけじゃないですけどね。

で、CORESERVERはV2プランじゃないとドメインが永久無料にならないので、V2の中でも一番安いCORE-Xプランで申し込みました。
他で使う予定のJPドメインは同時に取得してます。このブログのドメインは変更しません。

で、今のkeroctronics.comドメイン管理もValueDomainへ移行しようかな?って考えたんですが、更新料はValueDomainの方が高いので、既存ドメインは移行せずにStarDomainで管理のままにします。

StarServer内のブログをCORESERVERへ移転して、StarServerは更新せずに打ち切る予定です。

以前移転でかなり苦労しました。

WordPressの引っ越しって大変やん
WordPressの引っ越しって大変やん
さて、苦労したWordPressの引っ越しについて書いてみます。 WordPressの引っ越しについてはググればたくさん出てきます。 いくつか参考にしてみましたが、どれもうまくいきませんでした。なんでだろう。ワシがヘタレやからか??? まず...

でも、今回はかなり楽できたのでこちらに記録しておこうと思います。

ただし、Wordpressのマルチサイトへの移行はできませんでした。マルチサイトに対応していないプラグインって結構あるんですよね。
試行錯誤の中での最終的に成功した方法ではマルチサイトでも出来たのかもしれませんでしたが、マルチサイトは色々と制約があったり、プラグインも有料になったりとあったので途中で諦めました。

スポンサーリンク

移行環境

今回移行に成功した環境をメモしておきます。この環境での記録ですので環境が違うとどうなるのかまではわかりません。

移行元

  • StarServer スタンダードプラン(2つのブログを運営)
  • StarDomainで独自ドメイン(2つとも)

移行先

  • CORESERVER V2プラン(CORE-X)(2つのブログを移行)
  • ドメインはStarDomainのまま使用
  • WordPressはブログごとに作成(つまりマルチサイトではない)

です。

ドメイン名が変わらないってのも楽だった要因かもしれません。

既存Wordpressのバックアップ

まずは既存Wordpressのバックアップです。

プラグインとしてはAll-in-One WP Migrationを使おうと思ってました。

エクスポート先をファイルにしてエクスポートしたところ、ファイルサイズが3GB位ありましたかね。
で、それをダウンロードして、移転先のWordpress(インストールはボタン一発だった)にインポートしようとしたところファイルサイズの制限が超えているんでできませんでした。
有料プランにすればできるようなんですが、費用は年間約1万円。
おそらく今後1年で今回の1回しか使わないのに1万円はきついわー。それに有料プランにしたからといってうまくいくとも限りませんしね。
そんなこと知らずに今までこのプラグイン使って定期的にバックアップ取ってました。むぅぅぅ

で、次に検索して出てきた Duplicator というプラグイン。

データとインストーラが出来てそれをphp環境で実行すればいいよってらしかったんですが、どうもうまくいかず。マルチサイトだったからかもしれません。

で、結果的には WPvivid Backup っていうプラグインを使いました。Pro版じゃなく無印版です。

WPvivid Backup for MainWP
Set up and control WPvivid Backup Free and Pro for all child sites directly from your MainWP Dashboard.

検索して見つけたプラグインですが、これを見つけたおかげで以前の引越作業が嘘のように楽にできました。
もぅ感謝感謝です。

 

WPvivid Backup Plugin による既存ブログのバックアップ

WPvivid Backup Plugin の使い方は非常に簡単です。

プラグインをインストールして有効化するとサイドメニューにWPvivid Backupっていうメニューがでてきます。
それを選ぶとサブメニューが右に展開されます。

設定は特にいじらなくてもうまくいきました。

バックアップ&復元を選び、デフォルトのままバックアップをクリックします。

もちろんバックアップ先とか変えたいときは設定等をいじってください。あくまでも私がやった方法の紹介です。

するとバックアップが始まります。
デフォルトでは約200MB毎にファイルができるようです。

環境にもよるでしょうが、私の場合数分で終わりました。

で、今作ったバックアップをローカルPCへダウンロードします。
いまバックアップを行ったバックアップ&復元のページの下の方に今作ったバックアップが出来ていて、そこにダウンロードってボタンがあります。

これをクリックすると約200MB毎にできたファイルが現れ、個別にダウンロードできるようになってました。
これをダウンロードします。
FTPできるのであれば、まとめてダウンロードするのもありです。私は11個でしたので個別にクリックしてもそこまで苦じゃなかったです。

これでバックアップは終わりました。

ちなみに設定次第では定期バックアップやクラウドストレージへの直接バックアップ等できるようです。有料版かもしれませんが。

移行先Wordpressの立ち上げ

移行先のサーバー(CORESERVER)にてWordpressをインストールします。

その前にドメイン管理のページから移行するドメインを追加しておきます。
ここでSSL証明書の取得はまだしないでおきます。これはDNSを切り替えてから行います。

そして、Wordpressのインストール。

CORESERVERでも簡単にできるようになってます。

ドメイン追加していれば、ドメインを選べるようになってますのでそれを選んで、ディレクトリは今と同じに設定。
あとはWordpressの管理者、パスワード等の基本を記載してからインストール。1分もかからずにインストール終わります。ちなみにWordpressのユーザ名やパスワードは移行元と同じでいいです。違うのに変えてもたぶん上書きされて意味がなくなるはず。

で、ここからが少しややこしいのですが、
独自ドメインですので、今作られたWordpressの管理画面等は旧サイトの方を指してしまいますので、DNSを変えてやる必要があります。

ただ、先にDNSを変えてしまうとWordpressの移行が終わるまで、うまく表示できなくなってしまいます。
なのでローカルだけで確認を行って、移行できてからDNSを変更することで、外部から見たときにはなんの変更もなかったかのように振る舞うことができます。

そのためには、ローカルPCのhostsファイルをいじります。

以下のファイルを管理者権限をつけて実行したメモ帳等テキストエディタで開きます。

C:\windows\system32\drivers\etc\hosts

ここに CORESERVERのIPアドレスと自分のドメインを記載して、このPCからのアクセスのみ騙すようにします。

ちなみに、ここに設定したからと言ってもすぐには反映されないようですので、以下のブラウザのキャッシュをクリアすることでほぼすぐに反映できるようになります。

Chromeの場合

chrome://net-internals/#dns にアクセスしてClear host cache ボタンをクリック

chrome://net-internals/#sockets にアクセスしてFlush socket pools ボタンをクリック

出典:https://qiita.com/aidadada/items/eddddb5d4ba8f99959eb

反映されれば、WordpressのダッシュボードにいけばまっさらのWordpress画面にいけるはずです。

そこで、WPvivid Backup Plugin をインストール&有効化します。他のものはいいです。これだけ。

WPvivid Backup Plugin による インポート

で、有効化すると移行前と同じ用にサイドメニューにWpvivid Backupが出てきますので、バックアップ&復元を選択します。

で、下の方にいくとアップロードっていうタブがありますのでそれをクリック。

そこに先ほど元サイトからダウンロードしたバックアップファイル群をアップロードします。

アップロードが終わるとこんな感じでバックアップしたときのようなデータが出てきてるはずです。
出てこなかったらバックアップのスキャンをしてみてください。

でその復元をクリックして、展開された画面でもう一度復元をクリックすると復元作業が始まります。

復元が終わるとWordpressのログイン画面に移行します。

で、ログインすると、おそらく移行前と全く変わらないダッシュボードになっているかと思います。
インストールしていたプラグインもテーマもすべて入っているはずです。

これで問題なく表示されたら、ローカルPCのDNSを元に戻します。
hostsファイルから先程記載したドメインの行を消しましょう。

そして、正規のDNSの方を新サイト(CORESERVER)の方へ向けます。

ちなみに私はドメインの更新はこれまで通りStarDomainの方で行います。

まず、新サーバー(CORESERVER)の方のドメイン管理はValueDomainで行うとのことなので、
ValueDomainの無料ネームサーバー他社登録しているドメインを登録 とします。

ドメイン名に自ドメインを入力し、ネームサーバー認証として仮登録を行いました。

すると、ネームサーバーを以下のように変更しろってでてきました。

なので、本来のドメイン管理であるStarDomainの方で設定を行います。
StarDomainの管理ページはNetowlのメンバー管理ツールスタードメイン管理から行います。
ネームサーバーの確認・変更をクリックして

ネームサーバーの1~5を先程の指示通りValueDomainに変更します。

そして、先程のValueDomainの方で本登録をするをクリックします。
問題なければ本登録が完了します。

ちなみにスタードメイン管理では以下のような警告がでてますが、問題ないですね。

これでアクセスすると保護されていない通信とでてきます。
これはSSL設定がされてないからですね。

DNS設定が終わったので、
CORESERVERの管理画面から
ドメイン管理で自分のドメインのSSL有効にしてから
証明書設定で無料SSL証明書の取得

これで問題なく移行完了できました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました